七草粥を楽しむ

 きょうは『七草粥(がゆ)』の日。
朝から、これから1年間の無病息災と平和な生活ができるようにとの思いをこめて、美味しくいただいた。

      七草粥

 七草とは――セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。
セリは、ビタミンCやミネラルが豊富で、貧血や便秘に効果がある。
ナズナは、カルシウム、鉄分、ビタミンが高血圧を予防する。
ゴギョウは、成分未定だが、咳を鎮め風邪を改善する効果がある。
ハコベラは、整腸・利尿作用があり、口臭を予防する。
ホトケノザは、健胃効果、解熱作用があり、風邪症状の改善効果がある。
スズナは、カルシウムやアミラーゼなどが含まれ、胃腸を温め腹痛を予防する。
スズシロは、アミラーゼやグリコシダーゼなどの酵素が含まれ、腸の働きを整えてくれる。

      セリ
       (セリ)
      ナズナ
       (ナズナ)

 七草粥の起源は、ネットで調べてみると、
――中国では、「六日年越・七日正月」といって、7日間をひとつの節目にしていた。この無病息災を願う習慣が伝わって平安中期頃から始まり、日本古来の風習「若菜摘み」「小豆粥」と結びついて、室町時代以降は「お粥」に変わった。江戸時代に「人日(じんじつ)の節句」(七草の節句)として五節句のひとつに定められ、定着していった。

        2009041216141368c[1]

 昔は、山野に出かけて自然に親しみながら七草を採ったようだが、今は、スーパーなどで「七草粥」セットで売っている。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)