『J婚』ーー〝日陰者〟から一転、自衛官のいま

 『J婚』――今年のユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされた言葉だ。「J」は自衛隊、つまり自衛官の〝ダンナ〟を目指す婚活だという。

       201502[1]

 自衛官と結婚するメリットは、精神的・肉体的にたくましい、公務員なので収入も安定、社会貢献意欲が高い、などだという。防衛省の広報誌「MAMOR」も婚活中の自衛官を連載で紹介している。

       41rpwq5vYFL._SX354_[1]

 昨年夏、防衛省・自衛隊の広報戦略はあなどれないと書いた。防衛省広報室によると、「国民一人ひとりの支持を得るため、ドラマ、ソーシャルメディアなどを使い分け、ありのままの姿を届けようとしている」という。

 昔は、「防衛白書」の刊行さえタブー視された時代がある。もっと以前、自衛隊が創設された頃、吉田茂首相は幹部自衛官に対して「君たちが〝日陰者〟である間は、国家・国民は安泰である。耐え忍んでくれ」と語ったエピソードは有名だ。
 
      空飛ぶ広報室

 いまや、隔世の感がある。雲仙普賢岳の大火砕流(91年)、阪神淡路大震災(95年)で一躍注目され、「自衛隊は新しい生き方を見つけた」。
 そして、東日本大震災(11年)後の世論調査では、「良い印象を持っている」が過去最高の91.7%に達した。

       007_64[1]

 国民が好感を持つのは、まさしく「災害救助隊」としての姿である。安倍政権がひた走る武器輸出の解禁、「集団的自衛権の行使」など、海外での米軍支援と武力行使に、国民が好感を示すとは思えない。

 今年は、外交・防衛政策の大きな転機の年となった。来年の通常国会では、自・公で3分の2を占める中、一層の厳しい状況が待ち受ける。世論に訴え、反撃の態勢をつくる以外にない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)