懐かしき哉『緑のコタン』

 なぜか、ふとずいぶん昔のラジオ放送のことが頭の隅っこに残っていた。題名は『緑のコタン』、しかし内容はほとんど忘れている。(コタンとはアイヌ民族の「集落」のこと)

     1930年頃のコタン
      (1930年頃のコタン)

 試しにネット検索してみたら、なんとブログに書いている人が数人いた!「遊星王子の青春歌謡つれづれ」「梟の独り言」(私のブログ名とそっくりだ!)「八国山だより」など。
 遊星王子さんの記事を拝借すると――
 放送は昭和37年、私が高校生の時だ。月曜から金曜日まで夕方6時30分までの15分間、押し入れに入ってゲルマニウムラジオで聴き入った覚えがある。

     現在のコタン
     (現在のコタン)

 ドラマの筋書きは、「明治維新のときの函館戦争にまつわる話」「『北海道独立戦争』に破れ、雪と氷の荒野に消えていくアイヌの青年」などとあり、「アイヌの青年をあとにして、日本を脱出する新島襄」の場面もあったようだ。

 主題歌は
「緑のコタン」
 一 波のしぶきと 氷の岩よ
   風も冷たい 東海の
   嵐にむかい まっしぐら
   緑のコタンを 夢にみて
   ああ 若き勇者 勇者はすすむ
   緑 ああ ああ ああ緑のコタン
 二 ほえる狼 手負いの熊よ
   声も届かぬ 原始林
   嵐にむかい まっしぐら
   緑のコタンを 夢にみて
   ああ 若き勇者 勇者はすすむ
   緑 ああ ああ ああ緑のコタン

       img755.jpg

 アイヌと言えば、唐突に『カムイ伝』(白土三平作)で「カム~イ!」(アイヌ語で〝神〟の意)と叫ぶどでかい山丈の姿が目に浮かぶ。
 今にして思うと、現在のTVよりラジオの方がはるかに豊かな想像力をかきたててくれるような気がする。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)