「ベルリンの壁」崩壊から25年

 今月9日は、「ベルリンの壁」が崩壊してちょうど25年。四半世紀前の劇的な映像を鮮明に覚えている。その2年後にはソビエト連邦が倒壊した。当時、いったい誰がこのような歴史的変動を予測しえただろうか?

     壁崩壊の瞬間
     (ベルリンの壁崩壊の瞬間)

 1985年、ゴルバチョフが大統領に就任すると「ペレストロイカ(改革)」を大胆に進めた。これを契機にして東欧諸国で民主化を求める運動が高まった。それは、東ドイツにも大きな影響を与えた。経済停滞と生活苦、秘密警察の監視下で自由を奪われていた市民たちは民主化を求めて起ち上ったのだった。

     Thefalloftheberlinwall1989[1]
     (ベルリンの壁崩壊を喜ぶ東西市民)

 「ベルリンの壁」は、東ドイツから西ドイツへ脱出する市民が後を絶たず、それを防止する目的で東ドイツが1961年に作り出したものだった。壁建設から28年後に東西ドイツの市民らによって劇的な崩壊となった。

 ホルスト氏 ハンス氏

 9日の朝日新聞で、東西統一の証人に聞くという記事が載った。元西独のホルスト氏は「統一まで1年足らず、東独の人々の熱意がそうさせた。ゴルバチョフ大統領は極めて協力的だった。統一はほぼ完成したと信じている」。
 元東独のハンス氏は「東独を悲劇のうちに消滅させないため3段階の統一構想を描いた。四半世紀を経た今も、所得や年金の東西格差など矛盾が噴き出している。統一はまだ道半ば、さらに10年ほど必要だ」と語っている。

      演説するレーガン
      (ベルリンの壁の前で演説するレーガン米大統領)

 さて、いまなお冷戦構造が残る朝鮮半島で南北統一が実現するのに何年を必要とするのだろうか?ドイツみたいに平和的に統一できるのだろうか?
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)