文化の日と秋の叙勲

 きょうは「文化の日」で、「秋の叙勲」が発表された。樹木希林や加山雄三、水島新司らが「旭日小綬章」に選ばれたと報道されている。だが、私はずいぶん以前から「叙勲制度」のあり方に大きな疑問をもってきた。

       K10058970411_1411030717_1411030722_01[1]

 「叙勲」とは何か?大雑把におさらいしてみるとーー勲章には22種類あり、「旭日章」や「瑞宝章」をよく目にする。「旭日章」は国家・公共に功労ある者、「瑞宝章」は社会の様々な分野での功績があった者に授与されるとある。ただし、法的根拠はなく政令で定めるとしている。大体、人間を意図的に「格付け」するなど人権無視も甚だしい。

 「春秋叙勲」は、危険業務従事者や高齢者などの区分があり、外務大臣の推薦により天皇が国事行為として授与するとある。例えば、自衛官や消防職員、警察官などが危険業務従事者として受賞を受けるが、元々「仕事」として働いていただけであって、あえて授与するほどのことではない。

        Gyomei_kokuji[1]
         (明治天皇の親書と国璽)

 「勲章制度」については、すでに幕末時代に幕府や薩摩藩がパリ博覧会で興味を示しており、明治に入った1875年「叙勲制度」を定めたとある。
 小泉内閣の時に、勲一等から八等までの格付けを「栄典関係政令」の改正によって廃止している。

 ところで、「文化の日」の由来は、「天長節」(1873年)に遡る。明治に入ると天皇誕生日として「明治節」(1927年)となった。戦後、日本政府は11月3日を新憲法公布日として「憲法記念日」としようとしたが、GHQ側が猛反対して「文化の日」となった。ちなみに「憲法記念日」は5月3日となったが、「東京裁判」の開始日である。

 かつて石橋政嗣・社会党委員長は、「旭日章」綬章を拒否したが、こうした経緯を踏まえた行為で立派なものだ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)