スコットランド住民投票に思う

 新聞、TVで話題となったスコットランドの「独立」をめぐる住民投票の結果は、19日、45%対55%で独立は否決された。

 2年前、独立支持は30%だったにも拘わらず、最近の世論調査では反対派を逆転していた。これに焦ったキャメロン首相は「痛みを伴う離婚」に例えて英国連邦に留まるよう訴え、最後はエリザベス女王までが独立を思い留まるように諭した。

          スコットランド

 なぜ、独立を求める声がこれほど広がったのか?欧州連合(EU)と距離をおき自由競争を重んじる英政府に対して、EUとの協調、福祉重視を志向するスコットランド住民は不満が鬱積していたようだ。
 独立賛成派は負けたのか?――スコットランドはこの15年の間に広範囲の自治を獲得し、英政府が持つ権限は外交、国防、金融などに限られる。さらに今回、英政府から自治権拡大の言質も引き出した。
 余談になるが、もし独立となっていれば、スコットランドにある英政府の戦略原潜基地はどうなっていただろうか?

         14.9.20朝日・独立否定
          (独立否定を喜ぶ反対派)

 今回の住民投票の行方を、スペインで分離独立を求めるカタルーニャ地方の人々は「独立派」を応援して、固唾をのんで見守った。州都バルセロナでは独立を訴える100万人のデモで盛り上がり、住民投票を目指して動いているという。
 このほか、イタリアやベルギーなどでも分離独立を求める動きが顕著である。

         EU懐疑派

 欧州連合(EU)は「世界連邦」の地域版とも言えるテストケースであると、以前書いた。立法・行政・司法を持ち、加盟各国はその権限の一部を委ねている。だが、欧州議会選挙ではEU懐疑派が大きく台頭している。経済停滞や雇用不安の増大などが背景にある。そういう流れの中で民族や地域の分離独立をどう位置付けるのか、じっくり検討してみたいと思う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)