「花子とアン」と波乱に満ちた柳原白蓮の生涯

 今月1日放送の「歴史列伝~柳原白蓮」(BS-TBS)が実に面白かった。
NHK朝ドラの「花子とアン」は視聴率も高く、その中で仲間由紀子が演じている「葉山蓮子」が白蓮である。
 白蓮の一生はとても波乱に満ちていて、主人公を蓮子にしたほうがよほど面白いほどだ。

          仲間由紀恵
        (葉山蓮子こと柳原白蓮を演じる仲間由紀恵)

 白蓮は、明治18年、父・柳原前光伯爵と母・奥津りょう(前光の妾)の間に東京で生まれ、「燁子」と名付けられる。大正天皇の生母・柳原愛子の姪で、天皇の従妹にあたる。
 9歳で子爵・北小路随光(よりみつ)の養女となり、和歌の手ほどきを受ける。華族令や家範という管理下で随光の子・資武(すけたけ)と不本意な結婚を強いられ、15歳で出産した男子を残す条件で離婚。

         伊藤伝右衛門と
        (白蓮と伊藤伝右衛門)

 実家に戻ってからも不遇な生活だったが、やがて東洋英和女学校に編入学し、村岡花子とも親交を深める。同校を卒業した年、九州の炭鉱王・伊藤伝右衛門と見合い結婚することとなる。親子ほどの年齢差や伊藤家の複雑な家族関係など歪んだ結婚生活の懊脳・孤独をひたすら短歌に託し、竹柏会の師・佐佐木信綱の勧めで雅号「白蓮」を名乗る事となる。

         家族四人
        (宮崎龍介と二人の子ども)

 1919年(大正8年)、白蓮は戯曲「指鬘外道」(しまんげどう)を雑誌『解放』に発表し、これがきっかけで同誌主筆の宮崎龍介との運命的出会いとなった。龍介は宮崎滔天(孫文を支援した)の長男で、東京帝大の在籍しながら労働運動に打ち込んでいた。
 2年後、京都での逢瀬で白蓮は龍介の子を身ごもった。「姦通罪」のあったこの時代に、道ならぬ恋は命がけであった。白蓮は伊藤家を出る覚悟を決め、龍介は朝日新聞記者の赤松克麿(赤松広隆・現衆議院議員の祖父)らと相談して、白蓮出奔の計画を練った。

         晩年の白蓮
          (晩年の白蓮)

 関東大震災(大正12年)の頃、駆け落ち騒動の最中に生まれた長男・香織と共に宮崎家の人となった白蓮は経済的困窮に直面するが、小説・歌集・講演などで家計を支えた。
 この頃、吉原遊郭から脱出した花魁の森光子が宮崎家に助けを求めている。娼妓や労働運動関係者、中国人留学生らを食客として世話をした。

         飯塚市・白蓮の歌碑
         (飯塚市・白蓮の歌碑)

 龍介は昭和12年、盧溝橋事件で緊迫する中国との和平工作の特使として、近衛文麿首相の依頼で上海へ派遣されるが失敗。長男・香織は学徒出陣で串木野基地(鹿児島)で爆撃を受けて戦死する。
 戦後、NHKラジオで子どもの死の悲しみと平和を訴える気持ちを語り、「悲母の会」を結成して全国を行脚、世界連邦運動婦人部へ発展させた。
 1961年、緑内障で両眼の視力を失う。龍介の介護と娘夫婦に見守られ、歌を詠みつつ暮らした穏やかな晩年であった。67年2月、81歳で死去。遺骨は香織と共に顕鏡寺(相模原市石老山)に納められた。

 〝大正三美人〟あるときは〝筑紫の女王〟と称され、男尊女卑が当たり前の時代にあって、幾多の困難を乗り越えて自らの信念と生きざまを貫いた美貌の歌人・柳原白蓮に感激した
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)