衝撃的な証言~原発巡る政・官・電の癒着構造

 これは衝撃的な告白だ!関西電力で政界工作を30年間担った内藤千百里・元副社長が、朝日新聞の取材に応じての証言のことである。
 
            14.7.28朝日・関電、首相7人に献金
             (朝日新聞 7月28日付)

 72年から18年間、在任中の歴代首相7人に「盆暮れに1千万円ずつ献金してきた」と証言。多額の政治献金を電気料金で賄った仕組みや政官財界と親密な関係を築いてきた自らの歩みを詳細に語ったという。

 献金の理由は――「天下国家のために渡すカネで、具体的な目的があったわけではない。許認可権を握られている電力会社にとって権力に対する一つの立ち振る舞いだった。漢方薬のように時間をかけて効果が出ることを期待していた」。

           14.7.20朝日・原発利権を追う
            (朝日新聞 7月20日付)

 政治家個人への企業献金は、当時法律で禁止されていないが、電力各社は74年、世論の高まりを受けて企業献金の廃止を宣言。内藤氏は「政治家を敵に回したら何も動かない」という業界の雰囲気で、その後も〝水面下〟で続けたという。

 なぜ今頃、証言する気持ちになったのだろうか?――「東電はなぜ、今も汚染水をコントロールできないのか。地質調査をしたはずなのになぜ地下水の影響が大きい場所に原発を建てたのか」。「政府の監督の甘さがあった。長年築いてきた三者(政・官・業界)の関係に問題があった」。
 昨年90歳になり、「死を意識するほど自分の歩んで来た道を思い出した。今まで口を割らなかったことを話す気持ちになった」と語る。

           13.7.28朝日・原発利権を追う・上-2
            (朝日新聞 13年7月28日付)

 「巨大独占企業が各地域の電力を担い続けていいのか。この告白は業界への戒めであり、世論への問いかけだ」と、御厨貴・東大客員教授は語る。
 始まったばかりの連載「原発利権を追う・『関電の裏面史』独白編」。今後の展開から目が離せない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)