寺島実郎の原発論

 きょう、「原発再稼働は断じて許せない」と題して書いたが、補論的に書いておきたい。他でもない寺島実郎氏の「原発論」についてである。
 故・加藤周一に次ぐ『知の巨人』と評する人もいるほど、その知識と教養の広さは群を抜いている。私も、日米同盟論や世界の読み方などは寺島氏の俯瞰的見方を大いに参考にしている。

         014[1]
          (関口宏のサンデーモーニング)

 しかし、原発については寺島実郎らしからぬ論を展開しており、到底同意できない。月刊「世界」7月号の能力のレッスン(特別篇)が分かり易い。大要次のような論理展開である。

――都知事選における細川=小泉連合が惨敗したのは、脱原発に向けて米国と向き合う気迫も覚悟もない〝虚弱なリベラル〟であったからだと。リベラルの虚弱さは、ともするとキレイゴトの言葉に酔いしれ政策科学的構想力に欠けることに由来する。

――07年、東芝がウェスティングハウスを買収、日立とGEが合弁事業を設立、三菱重工は仏アレバ社と合弁会社を設立するなど、「日本産業が世界の原子力産業の中核主体になった」。
脱原発を本気で目指すならば、「日米原子力共同体をどうするのか」に明確な政策を示すべきである。私は原発推進派ではない。こだわるのは「原子力の技術基盤の維持と深化である」。技術と人材を失ったならば、国際社会に貢献も発言もできなくなる。
 第一世代の福島原発とは違い、すでに第三世代の安全性能が根底から異なる原発、さらにはトリウム原発や小型原発の開発の段階を迎えつつある。

         14.1.11朝日・核燃とプルトニウム

――日米協力で核の廃絶と原子力平和利用での安全性の進化に向けて世界をリードすべきである。
 危険を内在させるとしても近代とは科学技術とデモクラシーを両輪とする挑戦であり、怖れ萎縮してはならないと思う。現在は制御不能でもイカロスのごとき失敗を積み上げても、科学的挑戦は人類の未来にとって必要である。

         独・地下貯蔵施設
          (ドイツの核廃棄物地下貯蔵施設)
 「核廃棄物の最終処理のシステムが確立していない限り原発稼働は不条理」という考えは〝局地的真理〟だと言い、「原発は等身大の技術ではなく制御不能で非倫理的」というのは政策科学の議論ではない芸能・文化人らのメッセージにすぎないと言うのである。
 結局のところ、〝巧みな〟原発維持・進化論ではないか!彼のバックが三井資本であることからくる「限界」なのであろうか。残念なことである。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)