海の幸、山の幸に恵まれた島原に行く

  妻の親戚の法事で長女も一緒に久しぶりに島原へ行った。南島原市の加津佐という小さな町である。島原市廻りだと遠いので、小浜温泉経由で行ったが、わが家から2時間30分かかった。❝陸の孤島❞とも言われるように、交通アクセスはやや不便だ。

島原半島

 車が加津佐に入ると、「佐田の富士」という幟が目に入った。長崎県内唯一の関取で加津佐出身なのだ。島原鉄道の島原外港~加津佐間廃線で加津佐駅は閉鎖されて、寂しい姿をさらしていた。

旧・加津佐駅

 数年前、地方自治研究センターが街づくりシンポジウムを開いた時、様々な地域おこし活動を行なっている人たちが活発な議論を交わした。島原半島を一周する鉄道として長崎県が支援すれば、もっと活気が溢れるのにと思う。
 島原といえば、古くは天草四郎率いる「島原の乱」で有名だ。
                                           原城址
 (天草四郎らがたて籠もった原城址)
 雲仙普賢岳の火砕流
 
 近年では「雲仙・普賢岳の大火砕流」(91年6月)や世界ジオパーク認定(09年)で全国的に知られる。人情味に厚く、海の幸、山の幸も豊富で、じゃがいもの生産量は北海道に次ぐ全国第2位。「ガンバ」(島原で「フグ」をこう呼ぶ)が美味しい。島原そーめんも、つるつる喉ごし感が最高でこれからシーズンを迎える。皆さん、島原よいとこ一度はおいで!           
                                          手延べそうめん
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)