石木ダム問題ブックレット「出版記念会」の感想

 あいにくの雨の中、石木ダム問題ブックレットの「出版記念集会」(労働福祉センター)に出かけた。参加者数は40数人だが熱気に満ちていた。社民党総支部代表で石木ダムに反対していたH市議の告別式と重なっていなければ、会場に入りきれなかっただろう。

    P3290017 - コピー

 集会の中で印象深かったことの一つは、約半世紀にもわたる闘いを支えた女性たちのパワーである。32年前の「強制測量」に身体を張って闘った子供たちがすでに家庭をもち、その子どもたち(孫)がダムに関心を抱きふる里の素晴らしさに思いを馳せててくれている姿に目が潤むのだと言う。ダム予定地の川原(こうばる)地区から4人の〝おばちゃん〟たちが参加して、率直な心の内を吐露してくれた。

     P3290024 - コピー

 いま一つは、ブックレットにしなやかさと親しみやすさを与えてくれた<こうばる ほずみ>さん。川原地区に住み、人々の生活の有り様や川魚をはじめとする生物・自然の風景を描き続けている。彼女のコラム冊子「ダムのツボ」は、石木ダムの問題点をマンガで分かり易く綴り大好評である。
 
     P3290022 - コピー

 また、ブックレットの企画から発行までそのノウハウを手厚く教えてくれたTさんは、五木を育む清流川辺川を守る県民の会・事務局長でわざわざ熊本から駆けつけていただいた。
 「小さなダムの、大きな闘い」というブックレットの題名は見覚えがあると思ったら、やはり亡き山下弘文さんの現地ルポ・資料集から引用したのだという。彼は生前、県内の環境問題はもちろん全国の干潟・湿地を守る運動の中心的人物だった。

     P3290036 - コピー

 ところで、長崎県や佐世保市は「佐世保の水不足」「川棚川の治水」を石木ダム建設の理由にあげているが、その欺瞞性についてはこれまでの闘いと良心的学者らによって完膚無きまでに論破されている。
 実は、石木ダムを最初に思いついたのは、旧日本海軍であったと言う。戦時中、川棚には海軍工廠の魚雷訓練場や特攻隊関連施設があり、航空機生産ともなれば多大な水を必要とする。こうした計画を知って、採石業者らが石木地区に押し掛けたというのである(郷土史家の知人が教えてくれた話しであり、もっと詳しく調べた上であらためて書いてみたい)。

     img748.jpg

 ※ブックレットの注文は、「石木川まもり隊」まで。
   メール<michi30@hyper.ocn.ne.jp>
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)