「世界連邦」をつくろう!

 安倍政権の暴走は止みそうにない。――今国会で、「国家安保基本法」を成立させ、「集団的自衛権」を行使できる仕組みを作り〝戦争できる国〟へ急ピッチだ。

 昨年、「秘密保護法」の成立を阻むことができなかった私たちは、どうすればいいのだろうか?――私は、いまこそ「世界連邦」実現のための運動と世論づくりを提案したい。
 第二次大戦後、国連の戦争抑止力に限界を感じたアインシュタイン、ラッセルや湯川秀樹などは「世界連邦」樹立による戦争根絶をめざして世界運動を提唱した。

        アインシュタイン&湯川秀樹
         (アインシュタインと湯川秀樹)

 日本では、新憲法審議する帝国議会で――「軍備なしで国を守れるか?」との質問に対して、吉田茂首相は「国際平和団体(国連の意味)の樹立によって、侵略戦争を防止する」と答弁した。また、高柳賢三・貴族院議員は「世界国家が成立すれば、各国は第九条の想定する武装なき国家となる」「国際連合は世界連邦への萌芽を包蔵している」と解説した。

制憲帝国議会
          (新憲法を制定した帝国議会)

 国連は国家の連合体で各国が軍隊を持っているので、戦争が絶えない。それに対して、「世界連邦」だけが唯一軍隊を持ち、各国は警察力程度にとどめることで戦争を防止できるとの考えだ。――原爆の惨禍による衝撃もあり、世界連邦運動は世界規模で広がった。日本でも「世界連邦建設同盟」が結成され、現在も「世界連邦日本国会委員会」という議員連盟や世界連邦運動協会、世界連邦宣言自治体全国協議会などが存在する。

        尾崎行雄
         (「世界連邦建設同盟」の初代会長・尾崎行雄)

 「世界連邦」の障害となった冷戦は25年前に終わり、グローバル経済のもとで各国は「相互依存」の時代を迎えている。「国家」単位の平和から「人間」単位の平和への転換期である。〝軍事力〟は無用の長物と化しつつあると言ってよい。各国の軍隊を不要とする「世界連邦」を、途上国などは「不要となった軍事費を医療や教育費に使える」として歓迎するだろう。

 憲法第九条が「改正」され〝戦争できる国〟になってからでは、説得力がなくなる。
戦後70年を迎える来年の「憲法記念日」(5月3日)に世界へ提唱・発信できることを目標に、今年の「憲法記念日」に新聞広告などで全国的に呼びかけられないだろうか。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)