FC2ブログ
コンテントヘッダー

イランVS米国の全面戦争は絶対避けるべきだ。

数日前ネットニュースで、グテレス国連事務総長が米・イラン戦争の危機を訴えていた。

  グテレス国連事務総長
  (グテレス国連事務総長)

イランのソレイマニ革命防衛隊司令官がイラクで米軍に殺害された、と新聞報道が
伝えている。
イランのラバンチ国連大使は、「戦争行為だ。報復の軍事行動に出る」と宣言したと
いう。
米国は、あらたに3500人の部隊を中東地域に派遣する方針を示したらしい。
「地域で高まる脅威に対応するため」とし、期間は60日間とする方向で調整している
らしい。

  ソレイマニイラン革命防衛隊司令官
  (ソレイマニイラン革命防衛隊司令官)

以上のことをフェイスブックに書いたら、あるご仁から「イランのソレイマニ司令官は、
GLOBE ASAHI COMによると、シリア内戦をはじめイラク・レバノンにまたがる〝シー
ア派の弧〟を取り仕切る人物である」。「ソレイマニ司令官を殺害すれば、イランの
対外戦闘力の低下と拡張を止めることができ、米国やイスラエルにとって得られるも
のが多い」と判断した、というのだ。

  中東地域の地図
  (中東地域の地図)

国内のメディアのほとんどは米国によるソレイマニ司令官殺害を非難する報道一色
だったが、現在はその背景などについて解説している。
日本は欧米諸国と違って長年イランとの関係は良好であったが、米国主導の「有志
連合」に加担すべく、自衛隊の中東派遣を閣議決定した。
本日(1/8)のTV報道によると、イランは弾道ミサイルでイラク国内の空軍基地2カ所
を報復攻撃したという。
このままでは、本格的な戦争へと拡大することが避けられそうにない。

  ヘサメディン・アシェナ大統領顧問
  (ヘサメディン・アシェナ大統領顧問)

ただ、アシェナ・イラン大統領顧問は「サウジアラビアは別の道を行くかもしれない。
完全は平和を享受できるかもしれない」、と語っているようだ。
中東地域から当分目が離せない。
スポンサーサイト



最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)