FC2ブログ
コンテントヘッダー

「統計不正」問題を国会で徹底解明すべし!

  厚労省の役人たちがここまでやるか。呆れて開いた口が塞がらない。
「毎月勤労統計」で調べるべき事業所の数を15年間にわたり勝手に減らしていた。怠慢が外にばれぬよう、あの手この手を使っていた。
  問題の検証も、外部有識者による聞き取り調査のはずが、実際は7割近くを「身内」の厚労省職員が行っていた。わずか1週間でまとめられた「組織的隠ぺいはなかった」という報告書が、どうやら組織的に作られたようなのだ。

  シドロモドロの根本匠厚労相
  (シドロモドロの根本匠労相)

 雇用保険や労災保険、育児休業などの給付金が過小に支払われ、延べ2千万人に不足分の支払いが必要というから、大失態で ある。
  未だ真相解明されていない「森友問題」。財務省では公文書の改ざんまでがなされていたことは記憶に新しい。
 
  問題なのは厚労省だけではない。政府の一斉点検では、56の基幹統計のうち、約4割の22統計で問題が見つかったという。
国交省、経産省、財務省、農水省で、必要な手続きの怠りや記載漏れがあった。公的統計への不信感は広がる一方で、とどまるところがない。

  20190212at14S_p[1]
  (岡田克也・立憲民主会派と論戦する安倍首相)

  明治政府において統計の大切さを訴え、「統計伯」のあだ名がついた大隈重信。統計院を設立し、その院長に納まった。「羅針盤を持たずに航海するようになっているのは嘆かわしい」と述懐したそうだ。(朝日新聞 2019年1月13日付)

  本会議で追及する枝野幸男・立憲民主党代表
  (本会議で追及する枝野幸男・立憲民主党代表)

  通常国会の序幕は当然、この「統計不正」を野党がやり玉に挙げているが、就任4か月の根本匠厚労相の首では済まない。
問われているのは、勝手にルールを破り、ルール違反を認識しながらウソの上塗りを続け、こっそり復元・修正しようとした組織の体質である。
  夏の参院選向けのパフォーマンスであっては困る。手をゆるめることなく、国民が納得するまで徹底追及して欲しい!

スポンサーサイト



最新記事
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)