自民圧勝となった衆院選を振り返る(その1)

  今月はブログの更新が少ない。それというのも、衆院選を巡る状況の目まぐるしさからだった。
 今回は、今次選挙の異様な有様と結果について、2回にわけて書いてみたい。

 安倍政権は、野党が求めた臨時国会に3か月間も耳を貸さず、やっと開いた臨時国会では一切審議することなく、〝冒頭解散〟の挙にでた。
 野党側は「森友・加計」疑惑隠し解散だと批判したが時すでに遅く、安倍首相は、混乱する野党のあり様をみて勝機ありと判断しての解散だった。

       安倍晋三

 野党第一党の民進党が公示直前に分解するなど前代未聞だ。
 メディアの報道などでも明らかなように、〝小池旋風〟に乗じて「希望の党」になだれ込み、果ては選別・排除に直面して「希望」「立憲」「無所属」に割れての〝分裂型候補〟となった。
 昨年の参院選で成果をあげた「野党共闘」は無残に破たんして、与党との1対1の戦いの構図は崩れ去った。
 結局、「ここまで勝てるとは思わなかった」と安倍首相に言わしめる結果となった。改憲発議に必要な三分の二を超える318議席(自・公)である。

       17.10.24朝日・改憲賛成姿勢、当選者の8割 - コピー
       (朝日新聞 10/24付)

 この間の経緯について、自称「永田町素浪人」・亀井静香氏の見方が面白い。
――おかしな政局だよ。自民はボサーッとしているし、野党は野党で、おなごの色香がちょっと薄れたらがっくりして右往左往しているだろう。情けないよ。
――前原君が色香に迷った。だが、あとの連中は冷めて立憲君主党に行った。一つの政党が一夜にして大転回しますか。恋なんて一瞬にして冷めるもの。箸の上げ下ろしだけで嫌になる。
――(小池百合子代表の)いやらしさが見えた。選別だ。思い上がるな、という反発が出るに決まってる。しっかりした国家観、歴史観に基づいていないからそうなった。

       小池&前原協議

――大きな奴と戦う時には野党が割れてはダメだ。相手は、痩せたりといえども自民党だぞ。政策というのは権力を握ってから考えればいい。それをやってれば今回政権交代だったよ。
――(野党再編は)枝野君(立憲君主党)のところが中心になる。反自民の連中の身を寄せる場はそこしかない。前原君のところというわけにはいかない。希望は一瞬にして絶望に変わるんだ。

       枝野幸男
       (枝野幸男・立憲民主党代表)

――(安倍3選は)可能性が出てくる。ただ、この安倍政権、そんなに党内基盤は強くない。派閥の裏支えがない。
(以上、『サンデー毎日』11/5号より)
(以下、次号)
スポンサーサイト

なんとしても「自公優勢」の情勢に歯止めをかけたい!

  衆院選の投票日まであと三日となった。解散以降の動きが目まぐるし過ぎてとまどっている。
 マスコミなどの世論調査では、「自公で300議席超す勢い」「自民単独で過半数か」「希望失速」「立憲が躍進」などとなっているようだ。

       17.10.17朝日
       (朝日新聞 10/17付)

  何よりも民進党が「希望」「立憲」「無所属」に三分裂して、共産や市民連合も含む「野党共闘」の構図が崩れたのが大きな原因だろう。
 「自民・公明」「希望・維新」「立憲・共産・社民」の三勢力で争う構図となっている。

  比例区の投票先で「自民」と答えた人で、「他よりよさそう」が52%だった。「希望」では56%、「立憲」で53%。こうした消極的選択は若年層で30台以下では6割以上が「他よりよさそう」と答えている。(朝日・東大共同調査)

       サンデー毎日 10.29号

  「憲法改正」を発議するには、衆・参両院でそれぞれ三分の二議席が必要だが、世論調査に準じた結果であれば憲法改正が具体的日程にのぼるだろう。
 だが、カギを握るのは、安倍政権下での衆院選(12年、14年)の投票率は10ポイントずつ減って戦後最低となった。この〝消えた有権者〟が1700万人、あるいは今回の無党派層で投票先未定が約4000万人。この人々の投票行動次第で、最終結果は大きく違ってくるだろう。

  いかなる結果にせよ、立憲民主党の行く先と「野党再編」の動向から目が離せない。
 私は、新たな「リベラル勢力」の結集を前提にして、憲法九条を巡る空中論戦ではなく「非武装」を可能ならしめる構想や、自衛隊の改編と安保体制の見直しなど、具体的なオルタナティブを考案して議員や立憲・社民などの議員に働きかけていきたいと考えている。

  (※選挙結果に対する論評は23日以降に書いてみたい。)

さあ、衆院選が始まるーー全力あげて「安倍退陣」をめざせ!

  明日から衆議院選挙が始まる。
 安倍首相の虚をつく「冒頭解散」以来2週間あまり、TVや新聞では連日、選挙関連の話題が繰り返された。

       安倍首相

 〝政治の世界は、一寸先は闇〟と言う。〝安倍一強〟体制が大きく揺らぎ始めていた矢先、小池新党「希望の党」や民進党の分裂・崩壊、「立憲民主党」の立ち上げなどまさに〝日替わりメニュー〟のあり様だ。

       若狭勝&小池[1]
       (都知事選挙で小池氏と若狭氏)

  7月の都議選で「都民ファースト」の候補者が圧勝し、自民が大惨敗したことで小池都知事の存在感は大きくクローズアップされた。
  解散・総選挙が間近とみるや、若狭・細野氏らの新党協議をリセットするとして「希望の党」を立ち上げ、政権交代と首相就任を胸に秘めて自ら代表に就いた。

       小池&前原協議
       (小池&前原会談)

  一方、民進党は、就任間もない前原代表が小池知事と協議し、「名を捨てて実を取る」と称して「希望の党」への合流を図った。
9/29付のブログで記事「前原氏の本心」を紹介したが、後日、前原氏は(「希望の党」の寿命云々よりも)「民進党は左に偏り過ぎ、分裂する以外になかった」とその本音を吐露したのだった。要するに、支持率低迷の状況を打開するには、「希望の党」人気にあやかる他なかったということだろう。
  民進党を分裂させ、「希望の党」を野党第一党にするという小池戦略に、前原氏はまんまと乗せられたわけだ。

       枝野・立憲民主党
       (「立憲民主党」を立ち上げた枝野幸男氏)

  民進党の候補者たちは大いに戸惑った。選挙のためなら平気で捨てられるようなものが、政治家の〝信条〟だということか。
 選挙間近の中で、「希望の党」合流組、「立憲民主党」入党組、無所属出馬組などでごった返した。
 選挙準備も大変だ。選挙事務所とスタッフ、選挙車など「選挙の七つ道具」も間に合わない。選挙区での事情説明でも、ずいぶん厳しい批判が相次ぐ候補者が多かったようだ。

       17.9.30朝日・独断選考いたします - コピー
       (朝日新聞 9月30日付)

  人気急上昇だったはずの「希望の党」は、小池代表の民進党候補者の「選別・排除」を断言したことから猛反発を受けて、陰りが生じた。
  加えて、都民ファーストの都議二人が小池運営に異議を唱えて離党した。「内部で情報統制され、自由な議論ができなかった」との理由である。

       野党再編・人物相関図

  始まったばかりの選挙結果は推測しようもないが、小池代表の狙いは「安倍降し」であり、希望+自公+維新の会による大連合構想を描いているとの情報もある。
  政治家・小池は、安倍氏よりさらに過激で独裁的な人物だということを忘れてはなるまい。
核武装論者であり、関東大震災の朝鮮人犠牲者の追悼をやめた、特異な歴史観の持ち主だ。
  公約にしても、まだ党規約もなく、党の意思決定の仕組みさえできていない。すべてが小池氏の号令一下で決まっているようだ。
  都政でも、築地市場の豊洲移転など何一つ解決できないでいる。だから、国政へ転じるのではという憶測が絶えない。

 ※ ところで、これまで内閣(首相)の解散権には一切の制約がないかのように語られてきた。しかし、解散権は制約がなければ、勝機を窺う行政権によって濫用されうる。英国でも2011年の立法によって厳しい制約が設けられた。

       17.10.5朝日・「ぼやき橋」顔も赤らむ日暮れ時 - コピー
       (朝日新聞 10月5日付)

  わが長崎県では、1~4区で民進党の候補者は全員「希望の党」公認として闘う。
県平和運動センターや地区労、社民党などはこれまで民進党の候補者を支援してきたが、「憲法改正」や「安保法制の適正運用」を公約に掲げる候補者は支援できないとして、「自主投票」とした。
  結果、自民党が全区勝利の公算が高くなった。投票を棄権する人が増えて投票率がさらに低下するのが心配だ。
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)