渡邊恒雄・読売グループ会長の見事な戦争・靖国観

 靖国参拝における「合祀問題」の本質は、東京裁判(極東軍事裁判)の否定にある。靖国神社の宮司・松平永芳は「東京裁判を否定しなければ日本の精神復興はありえない」との信念で、A級戦犯の合祀に踏み切った。
 東京裁判は、昭和天皇の免罪を軸とするマッカーサーと昭和天皇の合作という意味合いがあった。だからこそ、昭和天皇は松平を痛烈に非難して、二度と靖国を参拝することはなかった。

   天皇とマッカーサー
   (マッカーサー元帥と昭和天皇の初会談)

 ところで、以前から憲法改正を唱え〝タカ派〟として著名な「ナベツネ」こと読売グループの会長・渡邊恒雄は、意外にも「靖国参拝」を痛烈に批判している。以下は、「集団的自衛権と安全保障」(豊下楢彦・古関彰一共著、岩波新書)よりの引用である。

――戦後60年以上にわたり、日本人自身が戦争と「戦争責任者」を自ら裁くことを怠ってきたところにこそ最大の問題がある。
 (渡邊自身が陸軍二等兵として徴兵され)人間が犬馬以下に扱われる社会が軍隊だった。これが、各戦地で兵士を大量に無駄死にさせる人命無視の基本的観念でもあった。

 野蛮性、非人間性は、特に陸軍にあってはかなり普遍的で、そのような精神的土壌から無謀な作戦が生まれた。特攻はあの戦争の美談ではなく、残虐な自爆強制の記録である。
 「生きて虜囚の辱めを受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ」という『戦陣訓』の思想から生まれた玉砕作戦も非人間的・非科学的であった。
政府もマスコミも『鬼畜米英』と言っていたが、玉砕、特攻こそ陸海軍最高首脳と幕僚たちの、前線の将兵に対する鬼畜の行為であった。

    Nabetsune[1]
  (〝ナベツネ〟こと渡邊恒雄・読売グループ会長)

 (こうした認識の上で)若い将兵たちは『被害者』であって、彼らを死地に追いやる作戦を立案し、実行した軍首脳と幕僚たちは『加害者』である。加害者と被害者を同じ場所に祀って、同様に追悼、顕彰することは不条理ではないか。(と、靖国問題の本質を見事に抉りだしている。)

   安倍首相の靖国参拝

 満州事変から日米戦争に至る昭和戦争について、植民地解放を大義とした戦争と言うことはできない。一部の極右思想家たちによって単なる自虐史観ととられるのは、納得できない。当時の政府、軍の非を明らかにしたうえでなければ、ことの道理から諸隣国の日本非難に応答できないではないか。(と、〝歴史の教訓〟の重要性を指摘しているのである。)
…… (以上は、「中央公論」2006年10月号に「『昭和戦争』に自らの手で決着を付けよう」との渡邊の論文)

 人は見かけによらない。やはり戦争体験者ならではの認識と言葉である。
スポンサーサイト

「イスラム国」と邦人人質問題について

 中東の過激派組織「イスラム国」の人質になっている二人の邦人のうち、湯川遥菜さんが殺害されたもようだ。とても残念でこうした暴力を決して許せない。

   後藤健二さん

 きょうの朝日新聞で、「安倍晋三首相の勇ましい言葉が、今回の事件の一因になったと考える」と言うフリージャーナリストの常岡浩介さん(元NBC長崎放送記者)のインタビュー記事が参考になるので、要旨を紹介しておきたい。

――訪問先のエジプトで難民支援の無償資金協力(総額2億ドル)を発表した演説で、「ISIL(イスラム国の別称)と闘う周辺各国を支援する」と敵対的な言葉が飛び出した。思慮の足りない、浅はかな言動だったと思います。

   常岡浩介さん
    (常岡浩介さん)

――湯川遥菜さんが拘束されたのは昨年8月。後藤健二さんの誘拐情報も、昨年11月には政府が把握していたのは間違いない。政府は慌てて現地対策本部を立ち上げましたが(註:1月20日)、ではこの間、いったい何をしていたのでしょうか。貴重な時間を無駄にしていたように思えてなりません。(註:日刊現代によると、外務省内には「自己責任だ」「放っておけ」という空気が支配的で、「いい迷惑だ」と言い放つ職員もいたという。)

   ヨルダン国王と対談する中山外務副大臣
   (ヨルダン国王と会談する中山外務副大臣)

――私は、「イスラム国」側から湯川さんの裁判に立ち会うよう求められ、昨年9月ラッカに入りました。いったん帰国して10月に再び現地入りしようとした矢先、警視庁の家宅捜索を受けたのです。私戦予備・陰謀の疑いで事情聴取された際のことです。
 あの邪魔さえなければ、湯川さんを救えたかもしれない。そうすれば後藤さんも無理して現地入りする必要はなかった。本当に悔しく、腹立たしくてなりません。

   15.1.22朝日・イスラム国4
   (朝日新聞1月22日付)

――今回の人質事件で恐ろしいのは、日本でも反イスラム感情が広がることです。気をつけるべきは、不要なリスクを作り出さないことでしょう。
 その点で心配なのが、武器輸出も進める安倍首相の「積極的平和主義」が今後、具体化していったときです。平和国家ニッポンのイメージが失われたとき、そのリスクを背負わされるのは海外で働くNGOであり、観光客であり、国民です。
 中東での親日感情が、壊されていっていいのでしょうか。
 なんと罪つくりな安倍政権。いずれにしても後藤健二さんがなんとか解放されて欲しいと祈るばかりだ。
(※「イスラム国」という呼称は、多くのムスリムの人々への差別・排除を助長するので、「ダーイシュ」(アラビア語の省略形)に呼び換えます。

学校給食週間~ほろ苦い小学校時代

  明日から「学校給食週間」が始まるらしい。1月24日~1月30日までと文科省が定めているという。

 調べてみると、懐かしい。明治22年に始まって、戦後は1950年に始まったとある。
私が小学生の時のメニューで一番印象に残っているのは「脱脂粉乳」だ。栄養価はあるらしいが、いやな臭いがしてとても不味かった。

   NEC_0195.jpg

 ユニセフからの提供というが、実際は敗戦後の日本の子どもたちの実態に同乗した米国の女性たちが働きかけ、米国は国内で過剰気味の脱脂粉乳を処理するための「援助物資」だ。

   NEC_0193.jpg

 いま、子どもの6人1人が「貧困」と言われる水準で暮らしている。3食のうちしっかり食べているのは給食だけ。給食のない夏休みに体重が減る子がいる、という深刻な話もある。恵まれた二世、三世議員らには想像すらつくまい。

   NEC_0194.jpg

 ♪自衛隊では3食美味しいものが食べられますよ~♪ ♪積極的平和主義で武器を担いで海外の戦場に行きましょう~♪――なんて世の中になり兼ねない雲行きだ。

ODAの軍事転用は許せない!

 安倍政権は、今のODA(途上国援助)大綱に代わる「開発協力大綱」を決め近く閣議決定する予定だ。

 これまで制限してきた他国軍への支援を、災害救助など非軍事分野に限って解禁する内容だ。これまでは、ODA大綱(92年)で「軍事的用途及び国際紛争助長への使用を回避する」との原則を定めて厳しく運用してきた。
 新大綱では「相手国の軍または軍籍を有する者が関係する場合には、その実質的意義に着目し、個別具体的に検討する」との文言を加え、他国軍への支援を可能にした。

    ODA見直しを発表する岸田外務大臣
    (ODA大綱の見直しを発表する岸田外務大臣。外務省HPより)

 武器の提供やODAで造った施設の軍用化、軍事関連の技術支援は引き続き禁ずるとする。しかし、他国軍に提供した物資・技術は、その国の使い方次第で軍事転用される恐れがある。 新大綱には転用を防ぐ具体策は盛り込まれなかった。

     ODA大綱の新旧比較

 日本のODAは、54年のビルマへの賠償供与に始まり、タイド援助(ひも付き援助)などの問題を抱えながらも60年の歴史を刻んできた。予算は、約1兆1700億円(97年)をピークに、13年度は約5600億円と半分以下になっている。


 安倍政権は、「積極的平和主義に基づきODAを戦略的に活用する」として、シーレーンの要インドネシアやオマーン、UAEへの支援を想定しているという。新大綱は、集団的自衛権の行使、武器輸出の解禁に並ぶ「3本目の〝毒矢〟」に他ならない。
 
    ODA予算の推移
     (外務省HPより)
 教育協力NGOネットワークの三宅隆史事務局長は「軍隊への支援がODAで行なわれるようになると、その分だけ教育や保健、貧困削減などのODA予算が減少するのではないか」と心配している。

尾車親方(元大関・琴風)、がんばれ~!

 大相撲初場所もいよいよ後半戦。史上初の33回優勝を狙う白鵬を中心に、興奮に満ちた展開が続いている。
 新進気鋭の逸ノ城や遠藤、カド番の琴奨菊と豪栄道など話題は尽きない。

 最近は、行司や呼出しなどいわば裏方さんたちの紹介も積極的で、相撲協会の努力が見てとれる。
 元大関の琴風(現・尾車親方)のことが、朝日新聞のコラム「逆風満帆」に2週連続で載っていた。

    元大関琴風(尾車親方)

 頸髄を損傷して、首から下がマヒしているという。自分で食事もままならない。だけど、家族の必死の支え、部屋の弟子たちの励ましで必死に頑張った。
 一生寝たきりになっても不思議でない重症から7か月後、九州場所(12年11月)で相撲協会の職務へ復帰した。担当医たちは「信じられない」と驚嘆するという。

 医者から「俺の回復は奇跡的だ」と言われた尾車親方は、「名誉欲とか経済欲とかどうでもいい。この大けがで、家族、弟子、ファンの皆さんにお世話になった。恩返しがしたい」と語る。
 現役時代、「まわり道」をしたから大関になれた。大けがをしたから俺は人間として成長できたんだ」。…いま尾車は、きっとそう思える日が来ると、信じている。

 大病を経験した私だから、尾車親方の思いが切々と伝わってくる。

地下鉄サリン事件から20年に思う

 今年は、「地下鉄サリン事件」から20年になる。
 95年3月20日、東京の霞が関駅など5本の電車内で、オウム真理教の幹部らが一斉に猛毒のサリンを散布した無差別殺傷事件。13人が死亡し、6千人以上が重軽傷を負うというおぞましいものだった。教団元代表の松本智津夫(麻原彰晃)ら10人の死刑と4人の無期懲役が確定した。

       001[1]

 教団に属した彼(彼女)らの生き方は、必ずしも別世界のこととは思えない。生きづらさや閉塞感に苦しんで教団を頼り、修行に励むことで安息を得たつもりになっていた若者たち。
 修行によって「解脱者」になったと思い込み、自分たちを受け入れようとしない人々を「凡夫」とさげすんでその撲滅を図る「戦争」に駆り出されたのだった。

       img227.jpg

 オウム真理教は今も、「アレフ」と「ひかりの輪」の2団体に分裂して活動を続けている。20年前の事件を知らない若者たちは、セミナーやヨガ教室、SNSなどで勧誘され、両団体の構成員は約1650人とされる(昨年9月現在)。資産も約6億9千万円と言われる。

      img228.jpg

 日本における凶悪なテロ事件。政治や社会はこの事件をどの程度検証し総括し得ただろうか?貧困と格差を拡大する安倍政治のもとで、オウム信者の「予備軍」は人知れず増えているのではないか。根本的な対策が必要だと痛感する。

鈴木宗男という政治家

 最近、朝日新聞で鈴木宗男氏の記事が目にとまった。「『情』で倒れ、『情』で復活した」とのタイトルで、本人が語っている。主な所を抜粋してみると、

       鈴木宗男

――身に覚えのないあっせん収賄などの容疑で逮捕されて437日の拘留生活を送り、ようやく保釈された直後の03年9月、胃がんが見つかった。
 「ガンのため出馬断念」と公表したら、自分への世間のバッシングが、同情へと変わった。しかも、手術を受けたらガンの転移はなかった。まさに「天の配剤」と思った。

――「村木事件」(地検特捜部による証拠でっちあげ)と同様に、自分の裁判でも、検察側が贈賄側の証人たちに「想定問答集」を配り証言させようとした。
逆境にある人々に申し上げたいのは、第一に「何があってもあきらめるな」。第二に「人との出会いをつかめ」。

――自分にとっては、故中川一郎衆院議員との出会いだった。秘書になり、事務所で働いていた女房との仲を取り持ってくれた。
中川先生が自殺した年の衆院選に初出馬して、先生の息子・昭一さんと「骨肉の争い」と言われる激しい戦いの末当選した。

――自分はバッシングを受けやすい。その理由は情に流されやすいからだろう。対ロシア外交に力を尽くし、外務省の面倒をよく見たことで、「知り過ぎた男」として外務官僚から切り捨てられた。
だけど、その「情」こそが色々な人を引きつけ、カムバックのきっかけとなったり、存在感を示したりする力の源にもなっていると思う。

      APP00011.jpg

 かなり「我田引水」のきらいはあるが、興味深い。とくに、私にとっては忘れられない人物の一人だ。
 というのは、私が衆院議員になって「政治倫理・選挙制度特別委員会」(倫選特)に所属したときのこと。私が委員会で「利権・汚職は自民党政治に付きもの」と発言した。すると、理事懇談会で与党筆頭理事を務めていた鈴木議員が「今川発言は自民党への侮辱だ。発言箇所を削除せよ」と迫った。
 これに対して、民主・自由・共産など野党の理事は「国会議員の発言権を侵すものだ」として今川発言の削除に反対した。困り果てた自見庄三郎委員長は「委員長の職権で削除するのは忍びないので、我慢してくれ」と私に懇願したものだ。

             憂国のラスプーチン

      佐藤優
       (佐藤優氏)
 当時、鈴木氏の「子分」と称された佐藤優氏(元外務官僚)の原作で「憂国のラスプーチン」(ビッグコミック)という漫画が話題となった。判官びいき的に鈴木氏を称賛したものだが、政治の裏側が垣間見れて面白かった。
 鈴木氏は「新党大地」を立ち上げ、選挙では一世を風靡した松山千春が必ず応援したものだ。昨年の衆院選では、娘の貴子さんが民主党から出馬して晴れて衆院議員となった。
 私にも「情」はたっぷりあるが、鈴木さんほどのしたたかさがあればあと10年くらいは議員でおれたのかも知れない。「執念」のほどが、全く桁違いに違うのだ。

      鈴木貴子
       (鈴木氏の娘・貴子衆院議員)

 かつての自民党の実力者らが最近、小泉政治や安倍政治に異議を申し立てている。曰く「弱いものへの思いやりがない」「理屈だけで、情がない」と。

見切り発車の「秘密保護法」は廃案にすべき!

 政府は9日、秘密保護法に基づいて指定した特定秘密が、昨年末現在で計382件(項目)だったと発表した。

 秘密指定をする行政機関は19あるが、今回指定したのは10機関。一番多いのは防衛省の247件、内閣官房49件・外務省35件などと続く。
 特定秘密は「項目」を1件として指定する仕組みで、実際は数十万点にのぼる文書や写真が各項目にぶら下がっているという。

       秘密の流れ2

 首相は年に1回、特定秘密の指定・解除の状況を国会に報告しなければならないが、国会の監視機関「情報監視審査会」は、与野党の対立でメンバーが決まっておらず、チェック機関は整わないままだ。

 運用基準を議論した「情報保全諮問会議」のメンバー、清水勉弁護士は、「件数は実態を反映したものではない。もう少し公開度を高めないと、第三者機関も国民も監視はできない」「国会や内閣府の準備が整わないままの指定はやはり問題だ。法施行は延期すべきだった」と語っている。

       秘密保護法の見切り発車

 厳罰を伴う法律なのに、施行の体制がないままの見切り発車を許した政治の罪は重い(右崎正博・独協大法科大学院教授)、というべきだ。強行採決の末成立した有害・不要な法律は、やはり廃案にする以外にない。

「瑞宝太鼓」がすばらしい♪

 今夜8時、NHKのハートネットTVで「太鼓でつかんだ人生~瑞宝太鼓・13人の男達」という番組を見た。

 雲仙市瑞穂町で1987年に知的障がい者の余暇サークルとして発足。やがてプロになりたいという夢を叶えるため2001年に4名の団員で構成する「瑞宝太鼓」を結成する。
 今では全国、時には世界を舞台に年100回以上の公演や講習活動を行う。また、全国の少年院・刑務所での演奏や東日本大災害での支援活動を通して社会貢献活動も行っている。団員は13名である。

      瑞宝太鼓1

   瑞宝太鼓メンバーは知的障がいというハンディと共に生きてきた。
  内気で自己表現が下手で、つらさを訴えることもなく心を閉ざしていた。
     しかし、和太鼓と出会ったことで人生が大きく変わった。
目を上げ、前を向き、胸の奥にたまった想いを太鼓で表現する手段を得たのだ。


             響き渡る太鼓の音
           聴くものの魂にまで届く音

  瑞宝太鼓の一打を聴いた方は、それを「天上の音色」だと表した。
    メンバーは様々な人生を生きてきて様々なハンディを受け止め

    そして自身が気づいたことを多くの人々に太鼓で訴え続ける。
                (「瑞宝太鼓」のオフィシャルサイトより)

       瑞宝太鼓2

 私が15年前衆院選に出馬する時、決起集会に「瑞宝太鼓」の皆さん方に来ていただき演奏していただいた。私も含め参加者の皆さんは初めて聴く方が殆どで、とても感動していたことを思い出す。

七草粥を楽しむ

 きょうは『七草粥(がゆ)』の日。
朝から、これから1年間の無病息災と平和な生活ができるようにとの思いをこめて、美味しくいただいた。

      七草粥

 七草とは――セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。
セリは、ビタミンCやミネラルが豊富で、貧血や便秘に効果がある。
ナズナは、カルシウム、鉄分、ビタミンが高血圧を予防する。
ゴギョウは、成分未定だが、咳を鎮め風邪を改善する効果がある。
ハコベラは、整腸・利尿作用があり、口臭を予防する。
ホトケノザは、健胃効果、解熱作用があり、風邪症状の改善効果がある。
スズナは、カルシウムやアミラーゼなどが含まれ、胃腸を温め腹痛を予防する。
スズシロは、アミラーゼやグリコシダーゼなどの酵素が含まれ、腸の働きを整えてくれる。

      セリ
       (セリ)
      ナズナ
       (ナズナ)

 七草粥の起源は、ネットで調べてみると、
――中国では、「六日年越・七日正月」といって、7日間をひとつの節目にしていた。この無病息災を願う習慣が伝わって平安中期頃から始まり、日本古来の風習「若菜摘み」「小豆粥」と結びついて、室町時代以降は「お粥」に変わった。江戸時代に「人日(じんじつ)の節句」(七草の節句)として五節句のひとつに定められ、定着していった。

        2009041216141368c[1]

 昔は、山野に出かけて自然に親しみながら七草を採ったようだが、今は、スーパーなどで「七草粥」セットで売っている。

あらためて原発問題を考える

今年は、〝雪の元旦〟で幕開けとなった。
 新春早々、あらためて福島原発事故のその後を考えてみる。
 米国の「スリーマイル原発事故」(79年)あるいは旧ソ連の「チェルノブイリ原発事故」(86年)も深刻であったが、フクシマはそれを越えて人類が一度も経験したことがない過酷な事故であった。

      スリーマイル島原発事故
      (スリーマイル島原発事故)

      チェルノブイリ原発事故
      (チェルノブイリ原発事故)

 妻の実家に年賀挨拶に伺った折、佐賀新聞に「福島原発、廃炉への長い道のり」という特集記事に目がとまった。1~3号機では、溶融核燃料(燃料デブリ)をどう処理するのか、仮にデブリ取り出しが成功しても、高レベルの放射性廃棄物をどのように扱うのか、その方法は全く未確定なのだ。

       燃料デブリ
       (佐賀新聞15年1月1日)

 原子力に関する二人の専門家の所見が、とても興味深いので紹介する。
まず、国際廃炉研究開発機構(IRID)の剱田裕史理事長の所見から――「燃料デブリの取り出しが一番大きな目標。デブリは未知の物質だが、しょせん既知の物質なので手に負えないものではない。」「冠水方法が良い方法だがかなりハードルは高い。福島原発で困るのは建物が汚染され、人間が近づけないこと。作業環境は厳しく、より慎重に進める必要がある。」

      小出裕章
       (小出裕章・京大原子炉実験所助教)

 これに対して、京都大原子炉実験所の小出裕章助教は――「政府や東電が計画する燃料デブリ取り出しは、残念だが全くできないと思う。チェルノブイリ原発のように、原子炉建屋全体を『石棺』と呼ばれる構造物で覆い、放射性物質を外部に出るのを防ぐ対策を急ぐべきだ。」「溶け落ちた炉心は飛び散り、圧力容器の真下から周囲に流れ出て広がっているはずだ。」「事故収束の指揮を執る人たちは、事故が今も継続中で、環境への影響を減らす対策を早急に実行すべきだという危機感が欠如している。」「事故が起きた責任をまだ誰も取っていない。廃炉についても政府、東電など関係機関が失敗しても誰も責任を取らなくていいという体制でやっていることが問題だ。」

       13.7.9朝日・新規制基準

 あらためて思うことだが、事故の原因究明も未だできておらず、住民避難も、汚染水問題も、楽観的で都合の良い見通しの下で対策を取って失敗し、対応が後手後手になる繰り返し。にも拘わらず、政府や電力会社は原子力規制の「新基準」をクリアーしたとして、再稼働に突き進んでいるのが現状だ。無責任なことこの上ない。

 さて、皆さん方はどう思われるだろうか?
最新記事
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)