沖縄を切り捨てた「主権回復」とは何か?!

 「主権回復・国際社会復帰を記念する」政府主催の式典が昨日、東京で開かれた。これに対して、沖縄では政府式典に抗議する「屈辱の日」大会が開かれた。

主権回復の日式典

 「4月28日」は、61年前(1952年)、日本がサンフランシスコ講和条約の発効によって、米英など連合国の占領から脱した日である。
 しかし、沖縄、奄美、小笠原は切り捨てられ米国の施政下のままで、沖縄では「屈辱の日」、奄美では「痛恨の日」とも言われる。

 実は、その5年前(1947年)の9月、昭和天皇は(日本本土の安全のために)米軍による沖縄・琉球諸島の永続的占領を希望するとの「天皇メッセージ」を米国側に伝えていたのだ。(この事実は70年代末、進藤榮一・筑波大教授が雑誌で紹介して大反響を呼んだ)
 新憲法(47年5月施行)で国政に関与できないはずの昭和天皇の驚くべき❝違憲行為❞である。「屈辱」の原点は、まぎれもなく「天皇メッセージ」にある。

屈辱の日抗議大会

 きょうの朝日新聞は社説で、「4.28」を語る際、忘れてはならない視点として――侵略戦争や植民地支配の過ちを犯し、その末の敗戦という歴史。平和憲法を定め民主国家として再出発の誓いが認められての国際社会への復帰――を挙げている。
 安倍首相は「国際社会へ積極的に貢献したい」と公言するが、こうした過ちの総括抜きに国際社会の理解は得られるはずもない。
スポンサーサイト

閣僚らの「靖国参拝」を指弾する

 靖国問題」が再燃している。麻生副総理が参拝した(4/21)のに続き閣僚ら国会議員169人が参拝して(4/23)、中国や韓国が大きく反発した。米国でも批判報道が相次いでいるようだ。
 安倍首相は参院予算委員会の答弁(4/24)で「国のために尊い命を落とした英霊に尊崇の念を表するのは当たり前。どんな脅かしにも屈しない」と強調した。

 国会議員の靖国参拝

 国民とくに若者たちには「靖国問題」と言ってもピンとこないと思う。「靖国神社」とはどのような神社か知らない人のほうが多いだろう。
 戦前の靖国神社(創設時の呼称は東京招魂社)は、亡くなった軍人らを「神」としてまつる国家神道の中心で、戦争推進の精神的支柱となった。

 中国や韓国は、東京裁判で戦争の責任を問われた「A級戦犯」が靖国神社に合祀(ごうし、78年)されているのは、過去の戦争と植民地支配を肯定するものだとして厳しく批判している。
 国内ではそれに加えて、首相や閣僚の公式参拝は、憲法の政教分離の規定(第20条)に反するとの批判があり、訴訟も起きた。

 安倍首相は国会答弁で、「侵略という定義は、学界的にも国際的にも定まっていない」と言い、植民地支配や侵略を反省しおわびを表明した「村山談話」(95年)を「そのまま継承しているわけではない」と述べた。
 日本でも知名のジェラルド・カーティス教授(米コロンビア大)は、「歴史問題を取り上げて外交関係を緊張させるよりも、東アジア諸国との信頼関係を強めるほうがはるかに生産的だ」と語っている。(朝日新聞、4月27日付)
また、安倍内閣は教科書を見直し「愛国心教育」を徹底すると言う。古色蒼然といったところだが、「❝愛国心❞とは悪党の最後の逃げ場である」とは、民族派右翼「一水会」の最高幹部の言葉である。
 
 過去の侵略と植民地支配を肯定し、愛国心教育を徹底し、自衛隊を「国軍」にして米軍と共に戦争する、その総仕上げとしての憲法第九条「改正」――安倍首相が唱える「戦後レジームから脱却」して「美しい国」日本を創るとは、こういうことであろう。
 ❝アベノミクス❞とやらに酔いしれている場合ではない。今夏の参院選が正念場、厳しい鉄槌を下したいものだ。
 (※「靖国問題」(高橋哲哉著、ちくま新書)は初心者にも分かりやすい好著である。この機会にご一読をお勧めしたい)

  靖国問題

❝健康食品❞のCMに気をつけよう!

 民放テレビではスポンサーがつかないと成り立たないが、執拗なCMには辟易する。
なかでも、❝健康食品❞のCMはまるで押し売りまがいだ。必ず有名な芸能人やスポーツ選手が登場する。「○○のおかげで、こんなに若返った!」「△△を飲み続けて、元気いっぱい!」などと大げさにPRする言葉を、視聴者はなんとなく信用してしまう。そして「期間限定、試食品一週間分無料です!」とくると、ついその気にさせられてしまう。

 肩こり、頭痛、腰痛、高血圧、頻尿、肥満、肝臓、ガン、心臓病などなど美容と健康にもってこい!というわけで、これじゃまるで❝医者いらず❞だ。(「アロエ」は別称❝医者倒し❞と言うけど、効くのは火傷、歯痛、呑み過ぎぐらいだ)……こんなCMはあたかも❝振り込め詐欺❞もどきだと言ったら言い過ぎだろうか。
健康食品に騙されてはいけないといった本などもあるので、参考にしたらいいと思う。
健康食品に騙されるな

  CMの主な広告プロダクションを検索したら、22社もあった。スポンサーも様々で、(健康食品とは別の話しだが)電力会社が隠然たる力をもっていることは、「3.11」と福島原発事故の報道で歴然である。原発推進の障害となるようなメディアへの表現規制、言論統制が露骨だ。
 それにしても、この手の❝健康食品❞がけっこうな売れ行きなのは、健康を害している人や健康に不安を抱く人がずいぶん多いことの証しでもある。
 私も、大病を経験してから❝健康食品❞やそのCMにずいぶん敏感になった気がする。もちろん、買うような愚かなことはしないのだが。


まんがにほん昔ばなし)                               (94年3月全国放映終了となったまんが日本昔ばなし)

  かつて、「まんがにほん昔ばなし」という大人気のアニメがあったが、当時の子どもたちに礼儀や人付き合いの大切さをCMで伝えていたのは、とても好感がもてたものだ。
 表現規制にならない範囲で、CMのあり方を考え直したらどうだろうか。



 

 

水俣病患者の認定拡大と早期救済を!

  昨日の新聞に「石牟礼さん、博多で講演」という記事があった。「苦海浄土 わが水俣病」の著者で知られる石牟礼道子さんらが、約700人の聴衆を前に水俣病のことを話した。

――車椅子で登壇した石牟礼さんは、現在も苦しむ患者のことに触れ「まだ何も解決いたしません」と述べた。池澤夏樹さん(作家)は、水俣病の背景には、経済成長を享受した国民の存在があり、私たち一人ひとりがその罪を背負うべきだと話した。柳田邦男さん(ノンフィクション作家)は「企業、行政、そして専門家のあり方、思想は、福島の原発事故でも水俣の時の構造と変わらない」とし、個別の被害に注目すべきだと強調した。――

 また、「水俣病」と言えば原田正純先生の存在が大きかった。先生は、熊本大学の大学院生だった時から水俣病に関わり始め、昨年6月に亡くなるまで半世紀以上、常に現場に足を運び、水俣病患者を診てきた。さらに、当時の医学界の常識を覆して、母親の胎内で水銀に冒された「胎児性水俣病」を証明した。
 水俣病以外にもカネミ油症や炭鉱爆発による一酸化炭素中毒など全国各地に足を運んだ。さらに、ブラジルやカナダの水銀汚染、ベトナムの枯葉剤被害など、世界各地の現場にも向かった。
 私の長女は、熊本学園大学に通っていた頃、同大に在籍されていた原田先生のことを知り、「水俣病」に関心をもった。
                                    原田正純先生
      (水俣病患者宅を訪ねて調査する原田先生 1962年頃)

 私と「水俣病」との係わりは、故・砂田明の一人芝居「天の魚(てんのいお)」の佐世保公演である。迫真に迫る舞台の演技に吸い込まれてしまった。その後、友人と二人で砂田さんご夫婦の家を訪ねて、患者の皆さん方と語り合い、忘れられない想い出となった。砂田さんは93年に志半ばで倒れるまでに556回の公演を重ねた。06年、砂田さんの弟子・川島宏知らが14年ぶりに公演を再開した。

     砂田明・一人芝居
         (佐世保公演での砂田明 70年代末) 

 一方、水俣病認定訴訟で最高裁は今月16日、「症状の組み合わせがなければ水俣病と認めないのは間違い」と患者に司法救済の道を広げる判決を言い渡した。
 環境省は「52年判断基準」を見直す必要はないとの見解だが、企業の側に立つのでなく苦しみ悩む患者の視点で、未認定患者の早期救済を図るべきだ

最高!長串山のつつじ祭り

  <昨日(4/20)、熊本にいる長女・史子が誕生日を前に久しぶりに帰ってきた。私が退院するまでの約8か月間、毎週欠かさず熊本から励ましに通ってくれたものだ。おかげで❝生きる力❞を与えてくれて、とても感謝している。

 きょうは、妻・長女と三人で鹿町町・長串山公園の「つつじ祭り」を観に行った。西海国立公園に属する長串山(234m)は、平戸と佐世保の中間に位置する。同公園からは景勝九十九島が一望でき、斜面に植えられたつつじは約10万株。久留米つつじや平戸つつじなど鮮やかな彩りで、絢爛たる眺めである。

長串山つつじ祭り

 わが家の小さな庭にも「つつじ」の花が咲き、五月には「さつき」の花が咲く。さつきはつつじ科に属し、五月に咲くので「さつき(皐月)」と呼ばれるようになったらしい。
 また、芝生の隅っこには「あやめ」の花が咲いているが、いつの頃か飛んできた種が根付いたのだろう。同種の花に「しょうぶ」や「かきつばた」があるが、見分けにくい。

庭のあやめ

 子どもたちの成長ぶりをブログに載せたかったのだけど、長女から「個人情報ばかってに載せんでよ!」と一蹴されてしまった。
(´_`。)グスン
 三人の娘、息子たちがやがて家庭をもち、孫の顔を見せてくれるのを楽しみに待ちたいと思う。

「命の雫」裁判、札幌地裁で勝訴!

  先日、自衛官の人権に係る「命の雫」裁判が札幌地裁で勝訴し、被告国が控訴断念したことを知った。教えてくれたのは、❝自衛官人権裁判❞の端緒となった「さわぎり」訴訟の原告Hさんである。
 「命の雫」裁判とは、06年11月、札幌・陸自駐屯地で島袋英吉一等陸士(当時20歳)が格闘訓練中に指導教官らの重大な過失により死亡した事件である。
 札幌地裁判決(3/29)は、「(訓練に立ち会った上官は)訓練者の安全配慮と事故の未然防止義務に違反する過失があった」として、被告国に約6500万円の支払いを命じた。さらに、被告国(防衛省)は控訴を断念して判決が確定。陸幕長らが原告遺族に謝罪した(4/15)。


    命の雫裁判
     (原告勝訴を報じる沖縄タイムス、13年3月30日)

 この裁判に弁護団の一員として関わられた照屋寛徳衆院議員は、「過失を超えた故意による殺人だ。」「徒手格闘訓練は廃止すべきである。」と指摘されている。
 私もまったく同感だ。広島県・江田島の第一術科学校で「特別警備隊」の隊員(3曹)が「格闘訓練」と称して同僚ら15人の集団暴行で殺された事件(08年9月)では、阿部知子衆院議員と共に調査したことがある。

 私が、自衛官の人権問題に目覚めるきっかけは、「さわぎり」事件であった。
99年11月、佐世保基地所属の護衛艦「さわぎり」の乗組員H3層(21歳)が上司の執拗ないじめを苦にして艦内で自殺した事件である。
 7年間に及ぶ裁判闘争の結果、原告の勝訴が確定するが、この事件が契機となって「自衛官人権訴訟」は全国各地に広がっていった。
 
当面、最も注目すべき訴訟は、護衛艦「たちかぜ」(04年11月の自殺事件)に係る東京高裁での闘いである。全国各地の皆さん方のご支援を心よりお願いしたい。(連絡先:横須賀市米が浜通1-18-15 オーシャンビル3F 「たちかぜ」裁判を支える会、TEL&FAX 046-827-8570)

 自衛官の自殺は毎年80人前後で国家公務員の2倍以上、そのうち半数はいじめなどによる自殺と推測される。自衛隊の海外派遣(派兵)や米軍との一体化に威勢のいい政治家たちは、もっと自衛隊の足元を見つめ直すときではないかと思う。
 

 (※ 原告・島袋勉氏の著作「命の雫」をお勧めします。文芸社発刊)
 (※ 私のレポート「自衛官の❝人権❞確立を」は近日中に貼り付けます)

TVは❝旅もの❞がおもしろい♪

  退屈しのぎにやっていることは、TVの録画・編集である。
 TVではBS各局が❝旅もの❞放送でしのぎを削っている。ーーNHK「こころ旅」「新日本風土記」「にっぽん百名山」、BS朝日「日本風景遺産」「鉄道・絶景の旅」、TBS「世界一周魅惑の鉄道旅行」、BSジャパン「いい旅、夢気分」、BS日テレ「日本巡礼」、BSフジ「全国百選・鉄道の旅」といった具合だ。
 
❝団塊の世代❞がリタイアしたことを狙った企画だと、新聞報道にあった。何よりも、自宅に居ながらお金をかけずに、世界や全国各地の絶景を眺めることができる。とくに、火野正平が自転車で列島縦断する「こころ旅」は、視聴者の手紙を頼りに目的地を訪ねるのが興味深い。

こころ旅

  気に入った番組は録画・保存しているが、アナログからデジタル放送に代わって、それらをコピーすることができなくなった。(著作権上コピーガードが厳しくなったらしい)

 私が録画・保存したDVDは、子どもの成長記録や国会論戦をはじめ安保・原発・政治・歴史・環境・宇宙・映画・漫画・音楽など約500枚を超える。とくに、「ふるさと再生にほんの昔ばなし」(BSジャパン)はやがて出会う孫のために必ず録画している。(妻は「誰が観ると?無駄遣いよ!」と手厳しいのだが)

朝鮮半島の平和的和解を望む

  昨日、淡路島でM6弱の地震があり、思わず18年前の阪神淡路大震災が脳裏をよぎりました。23人が重軽傷を負ったらしいけど、被害が小さいことを願うのみです。

 北朝鮮のミサイル
(公開されたミサイル銀河3号、2012年4月8日) 

 
 ところで、北朝鮮をめぐり❝戦争前夜❞を思わせるような報道が連日続いている。――北朝鮮は、「核攻撃作戦」を米国に通告し、核実験や弾道ミサイル発射の準備を進めると同時に❝臨戦態勢❞を国民に命じた。これに対して米国は、アラスカやグアムのミサイル防衛(MD)態勢を増強し、米韓合同軍事演習に戦闘機・爆撃機を投入、さらに朝鮮半島近海に日・米・韓のイージス艦を配備するなどの対抗措置をとった。――との報道だ。
 
 北朝鮮は殆ど情報を公開しないので、その真意を測りかねる。敢えて推測すれば、①国民や軍部の不満をそらす②第三代世襲継承で基盤脆弱な❝金正恩体制❞を強化する③「核保有国」として国際的認知を得る――ということになろうか。

 私が衆議院議員に初当選直後(2000年8月)、土井・社民党党首(当時)と共に金大中韓国大統領(当時)を訪ねたときのことを紹介しておきたい。同年6月、金正日総書記と初めて首脳会談に臨んだ金大統領は次のように語った。――「在韓米軍は出ていけ!」と叫ぶのでは対話解決にならないと諭すと、金総書記は「あれは国内向けのプロパガンダにすぎない」「南北の平和的統一後も米軍は『平和維持軍』として駐留すればよい」と言い切ったと言うのだ。

 米国は、最大の支援国である中国(北朝鮮対外貿易の7割を占める)による説得を期待し、中国も水面下で北朝鮮を説得しているようだが、その影響力は限られているようだ。中国の反発を覚悟で北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射に固執するのは、――フセイン(イラク)やカダフィ(リビア)が米国から倒されたのは、「核保有国」でなかったのが原因だ、との認識からだろう。

 さて、推測はこれくらいにとどめて、❝最悪の事態❞を招くことなく対話解決をするにはどうしたらいいのか?結論を先に言えば、「六か国協議」を再開して粘り強く北朝鮮を説得する以外にない。北朝鮮は米国に「体制保障」と「休戦協定を平和協定に替える」ことを求めており、中国は同協議の議長国としてのメンツもあるからだ。
 米国が、北朝鮮の挑発は所詮❝芝居かはったり❞だと高をくくって、東アジアでの米軍のステータスを誇示したり、日・韓両国へのミサイル防衛(MD)の導入拡大などを目論むなど厳に慎むべきだ。

地球温暖化の❝CO2原因説❞を疑う

  温帯低気圧の影響で、一昨日は西日本一帯、昨日は関東から東北、北海道が大荒れの天候となり、被害も出ている。ここ数年来、世界各地で気候変動が相次いだが、❝異常気象❞(地球温暖化)の主な原因は二酸化炭素(CO2)だとして原発推進の論拠ともされてきた。

 しかし、私は❝CO2原因説❞に大きな疑問を抱いている。4年前の11月、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の中心的機関である英国・気候研究所が、肝心の地球温暖化データを改ざん・捏造していたということが暴露されたのだ。欧米では、米大統領の盗聴スキャンダル(ウォーターゲート事件)になぞらえて「クライメート(気候)」事件と呼んで責任を問う動きが広がった。だが、何故か日本のメディアは殆ど沈黙して、北海道新聞(09年12月15日付け)と読売新聞(10年3月7日付け)が報道したのみであった。

 北極圏研究の世界的権威と言われる赤祖父俊一・元アラスカ大学教授によると――実際の気温変動は、1800年頃から2000年まで直線的に上昇してきた。CO2原因説も一つの仮定として認めるが、温暖化の原因はCO2などの温室効果ガスであると決めつけ、他の理論を排斥することが問題なのだ。CO2原因説は科学ではなく「宗教」と化している。今回の捏造事件は「科学史上最大のスキャンダルだ」。――と厳しく批判している。詳しくは同氏の著書「正しく知る地球温暖化」(誠文堂新光社)を参照されたい。

    赤祖父俊一氏                                              (2009年12月15日、北海道新聞夕刊) 

  IPCCは赤祖父氏らの主張を受け入れず、日本政府も黙殺している。国会で議論された形跡もなく、国民に情報を公開していない。「3.11」の福島原発事故で露呈したように、電力業界と政治家・官僚たちが癒着して、国民に肝心な情報を塞いでいるのと同じ構図だ(原発問題は別途論じたい)。
 人間だけでなく地球に住む生物すべての生命と健康に関わる問題だ。まず、正しい情報にもとづく国民的議論から始めたい。

普天間基地は直ちに返還を

 今朝の朝日新聞の一面トップ記事は沖縄基地で、「普天間返還『22年度以降』」「嘉手納以南の計画、日米合意」という見出しだった。
 
     普天間基地

 普天間返還については、米兵による「少女暴行事件」(95年)をきっかけに、米国が普天間代替基地の新設を条件に約束したものだ。
 沖縄県民はこぞって「辺野古沖合に代替基地」をつくることに反対しているにもかかわらず、安倍政権が前民主党政権と同様に辺野古への移設にこだわるのは許しがたい。

 そもそも普天間基地は、戦後、米軍が❝銃剣とブルドーザー❞で農民から奪ったもので、国際法にも違反する行為だ。まるで借家人が大家に「新しい家をつくってくれたら、古い家を出てやってもよい」と凄む暴力団みたいなものだ。

 政府や自民党などは、日米同盟と沖縄の地理的重要性を強調するが、在沖縄海兵隊の司令官らは沖縄でなくても任務は遂行できると断言している。米議会でも財政難を理由に海兵隊自体の不要論が出て、海兵隊の足元が大きく揺らいでいる。

 ドイツに倣って、米軍基地を検証し米国と対等の交渉を行えば、沖縄をはじめ在日米軍基地は閉鎖・縮小できるはずだ。にも拘わらず、中国や北朝鮮の脅威論を煽り立てるのは問題のすり替えにほかならない。
 詳しくは、私のレポート「安保・米軍基地は見直すべき」を参照願いたい。(近日中に添付欄に掲載します)

❝大病との闘い❞

  桜も満開を過ぎ春本番を迎えて、念願のブログをやっと開設することができました。内容は外交・防衛など政治問題をはじめとして、家族の近況などを日記スタイルで気軽に綴っていきたいと思います。体裁もまだ簡素ですが、これから少しずつ充実させていくつもりです。
  
 最初は、❝大病との闘い❞の報告から始めます。僕は一昨年11月、やっかいな病魔(急性骨髄性白血病)に襲われて入院し、いつ落命しても不思議でないきわめてリスクの高い治療(臍帯血・骨髄移植)も受けました。だけどいくつもの難関をくぐり抜けて“新しい命”を授かり、無事退院したのが昨年6月20日でした。
 担当医の先生の適切な治療と看護師さんたちの丁寧な看護に負うところが大きいのは勿論ですが、必死の看病をしてくれた妻や子どもたちの励ましが生き抜く力となり、“家族の絆”の大切さを痛感しました。

      家族のスナップ
      (昨年1月一時退院した時の家族スナップ。
      左から長男・隆192㎝、次女・裕子182㎝、長女・史子172㎝と妻)


 退院後は、食事制限や生活規制が厳しく、生ものやアルコール類などの刺激物は厳禁、調理後2時間以上経ったものもダメ。直射日光や大勢の中に入ることも避けねばならず、実に不便な毎日が続いていました。 
 だけど、「骨髄移植」から丸一年、退院後十か月を経て、体調は良好で❝普通の生活❞に戻るまであと一息です。生きた心地もしなかった一年前を思い返すと感激もひとしおです。

 毎日、新聞スクラップや読書、TVの録画・編集、庭木の剪定、ネット囲碁や朝・昼の料理づくり、体力回復のための散歩、最近は妻や息子の職場への送迎など、生きていることの実感と健康の大切さをかみしめながら楽しく過ごしています。
 少々気が早いけど、講演用パワーポイントの準備も始めました。
最新記事
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)