反公害運動のルーツ・田中正造没後100年

  きょうは、田中正造没後100年にあたる。
 フェイスブックでは、田中正造没後100年記念事業を進める会の写真をシェアさせていただいたが、あらためて書いておきたい。
 
      田中正造2
        (田中正造)

 私がまだ若い頃、公害の原点とされる足尾銅山・鉱毒事件を民衆の先頭で闘った「田中正造」のことを知り、<真の文明は山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし>との言葉を胸に、心から尊敬するようになった。

     Ashio_Copper_Mine_circa_1895[1]
       (1895年頃の足尾鉱山)

 栃木県日光市の足尾地区では、江戸時代より銅の採掘が始まり、明治時代に古河鉱業に払下げられ、大鉱脈が発見され新技術を導入して、アジア最大の銅生産地となった。
 しかし、採掘・製錬と同時に排煙・鉱毒ガス・鉱毒水が排出され、渡良瀬川周辺に甚大な被害をもたらした。

 これに怒った農民らが蜂起し田中正造はその中心人物だった。1891年以降、衆院議員だった田中正造は何度も国会で質問して、足尾銅山・鉱毒事件は全国に広がった。
 銅を掘り尽くして閉山したのは73年、しかし製錬操業は80年代まで続いた。

         原田正純先生
          (水俣病研究の権威 原田正純先生)

 きょうの天声人語から少し引用してみる。――銅は国の経済を支える産品で、政府は人を救うより富国強兵を優先した。そのさまは昭和の水俣病、今の原発にも重なってくる。(中略)原発事故のあと正造が総理だったら、困っている人、弱い立場の人を、何をおいても助けるに違いない。▼現実の総理は、早々と収束宣言を出し(民主)、経済のためには再稼働が必要と唱え(自民)、なお15万人にのぼる避難者は忘れられがちだ。事故処理より外国への原発セールスに熱心というのでは、ことの順序が違う。▼(正造の至言には続きがあって)<……今文明は虚偽虚飾なり、私慾なり、露骨的強盗なり>。一世紀が流れて、古びないのがやりきれない。……と結んでいる。

         13.9.4朝日・マンガ - コピー

 死を覚悟で天皇に直訴した田中正造。さて、今の政治家にかかる傑物は見当たらない。山本太郎よ、❛平成の正造❜をめざしてガンバレ!!
スポンサーサイト

水俣病患者の認定拡大と早期救済を!

  昨日の新聞に「石牟礼さん、博多で講演」という記事があった。「苦海浄土 わが水俣病」の著者で知られる石牟礼道子さんらが、約700人の聴衆を前に水俣病のことを話した。

――車椅子で登壇した石牟礼さんは、現在も苦しむ患者のことに触れ「まだ何も解決いたしません」と述べた。池澤夏樹さん(作家)は、水俣病の背景には、経済成長を享受した国民の存在があり、私たち一人ひとりがその罪を背負うべきだと話した。柳田邦男さん(ノンフィクション作家)は「企業、行政、そして専門家のあり方、思想は、福島の原発事故でも水俣の時の構造と変わらない」とし、個別の被害に注目すべきだと強調した。――

 また、「水俣病」と言えば原田正純先生の存在が大きかった。先生は、熊本大学の大学院生だった時から水俣病に関わり始め、昨年6月に亡くなるまで半世紀以上、常に現場に足を運び、水俣病患者を診てきた。さらに、当時の医学界の常識を覆して、母親の胎内で水銀に冒された「胎児性水俣病」を証明した。
 水俣病以外にもカネミ油症や炭鉱爆発による一酸化炭素中毒など全国各地に足を運んだ。さらに、ブラジルやカナダの水銀汚染、ベトナムの枯葉剤被害など、世界各地の現場にも向かった。
 私の長女は、熊本学園大学に通っていた頃、同大に在籍されていた原田先生のことを知り、「水俣病」に関心をもった。
                                    原田正純先生
      (水俣病患者宅を訪ねて調査する原田先生 1962年頃)

 私と「水俣病」との係わりは、故・砂田明の一人芝居「天の魚(てんのいお)」の佐世保公演である。迫真に迫る舞台の演技に吸い込まれてしまった。その後、友人と二人で砂田さんご夫婦の家を訪ねて、患者の皆さん方と語り合い、忘れられない想い出となった。砂田さんは93年に志半ばで倒れるまでに556回の公演を重ねた。06年、砂田さんの弟子・川島宏知らが14年ぶりに公演を再開した。

     砂田明・一人芝居
         (佐世保公演での砂田明 70年代末) 

 一方、水俣病認定訴訟で最高裁は今月16日、「症状の組み合わせがなければ水俣病と認めないのは間違い」と患者に司法救済の道を広げる判決を言い渡した。
 環境省は「52年判断基準」を見直す必要はないとの見解だが、企業の側に立つのでなく苦しみ悩む患者の視点で、未認定患者の早期救済を図るべきだ
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)