FC2ブログ
コンテントヘッダー

社会学者・大澤神幸さんの論説を聞く

 朝日新聞(2019.11.12)に社会学者の大澤神幸さんが興味深いことを書かれているので、紹介しておきたい。
 パレード「祝賀御列の儀」を赤坂御所近くの青山通りで見た。平成のパレードは爆竹騒ぎなどがあり、天皇制打倒を求める主張もあった。今回はそうした「異論」が影を潜め、天皇が狙われるという緊張感もなかった。
 現場には、深い尊崇の思いというよりも、両陛下を直接見るという行動を楽しんでいる空気がある。
 それにしても約12万人が御列を見に行ったのはなぜか。消費増税や原発政策など現代日本では利害が一致しない問題が多数ある。経済格差や政治的対立もある。
 そんな中で、利害や立場を超えてコミットできる唯一の存在が天皇と皇后なのだろう。低成長にあえぐ日本人にとって誇りの源泉でもあるのだろう。「万世一系」という神話も含め、他国にはない独特の文化。
 だが「何となく」支持するという空気は危険だ。空気が変な方向に流れたときに誰も責任が取れない。我々にとって天皇とは何か。女性・女系天皇の是非や天皇の「人権」の問題。天皇制を続けるかどうか、続けるならどんな制度にすべきか。国民が改めて考え、選ぶべきだ。
 ところで、話がそれるけど筆坂英世さんが興味のあることを語っている。
彼は元共産党の政策委員長で党から除名処分を受けているが、真相は不明のままだ。
――党で一番の勉強家は不破哲三さんだが、彼は私に「権力を持たない天皇を『元首』と呼んだのがまずかった」と囁いた。
共産党は、天皇制打倒を叫んだ時期もあったが、もはや過去の話だ。
 大澤神幸さんが言うとおり、天皇制をどうするか国民が考え、選ぶべきだ。

(※数日後には、画像を添付できるようにする予定です)
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

整備新幹線の建設続行は断念すべきときだ!

 前回の更新(7/23)からすでにひと月が経った。体調不良で更新できないと書いたのが7月9日(捕鯨問題)、その後、イージスアショア問題(7/19)、原発とテロ対策(7/23)と書いている。
 ところが、もっと厄介なトラブルが生じた。パソコンのハードディスクが完全に壊れて専門店で診てもらったら、「ハードディスクを入れ替えて初期化するので、これまでのデータ・資料はすべて復元できない」と言われた。
 今年に入って一度、バックアップ用のディスクに主要なデータを入れたつもりだったのに、実際は入ってなかったのだ。保存できているのは2013年までだ。
 さらに、初期化の際、これまでのWindows10からWindows8に変わっており、使い勝手がすこぶる悪い。
 梅雨入り前からこの2か月余り、まるで〝厄月〟だ。ブログをひと月も更新しないと読者は離れると言われるが、自分の頭の整理も兼ねて書き続けていくことにした。

 という訳で、今回は「整備新幹線」について少し書いておきたい。
 整備新幹線の建設は、高度成長末期の1973年に立てられた計画に基づいて進んだ。成算なきまま見切り発車したツケは、あまりに重い。

  山本幸三・与党検討委委員長 - コピー
  (検討委員会の結果を中村法道・長崎県知事に報告する山本幸三・与党検討委委員長)

 長崎新幹線(九州新幹線西九州ルート)はその典型と言ってよい。武雄温泉から先の長崎まで22年度の開業をめざし、フル規格で工事が進む。JR九州は当初、フリーゲージトレイン(FGT)の導入を検討したが開発が間に合わず、2017年に導入を断念した。
 佐賀県は、未着工の<新鳥栖―武雄温泉>の必要性そのものに疑問を投げかけてきた。全線フル規格での建設費は、FGTより4千億円も高い6200億円で、佐賀県の負担は660億円。在来線の特急が走る区間に巨費を投じることに疑問を投げかけてきたのだ。

  nagasaki201803-1[1] - コピー

 佐賀県知事は「中央が押し付けるようなやり方は、地方自治の観点からも大きな問題だ」と反発を強めており、フル規格を前提の協議には一切応じないと言い切っている。
  山口祥義・佐賀県知事 - コピー
  (山口祥義・佐賀県知事)

 建設計画からやがて半世紀。人口が減り高齢社会となったいま、優先すべき課題は医療や介護、子育て支援や老朽化したインフラへの対応に変わっている。
見通しの立たないまま巨額の費用を投じる必要が果たしてあるのか、白紙に戻していま一度精査し議論すべきではないか。
コンテントヘッダー

「捕鯨」問題を考える

 この2週間ほど、ブログの更新ができなかった。
 原因は、持病の腰痛が悪化して布団から起き上がるのも困難になったことだ。梅雨入り前に家の内外を大掃除して、腰に負担がかかり過ぎた。
 やっと、腰の負担が少し軽くなった1週間前、のど風邪気味で行きつけの内科から風邪薬をもらったが、食事が喉を通りにくくなった。そこで耳鼻咽喉科で喉の内視鏡検査をしてもらったら、食堂の入り口周辺まで「口内炎」が広がっていた。
災難続きでウンザリだが、「自分の年齢をしっかり念頭において、無理のない動きをしないとダメよ。お父さんの場合は、ウォーキングと水分摂取が全く少ない。脳梗塞などもっと怖い病気になるよ!」と、ケアマネジャーとして働いている娘からひどく叱られた。勧めで「リハビリ型デイサービス」を始めることになりそうだ。
 
 釧路市
 (釧路市。朝日新聞7/2付)

 という訳で、今回は「捕鯨問題」について簡単に論じておきたい。
日本は今月、国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、31年ぶりに商業捕鯨を再開したが、いくつか問題がありそうだ。
 一つは、国連海洋法条約65条(鯨類の保存や管理)の要件を満たしているのか。昨年末の脱退決定も含めて、プロセスが不透明で議論に欠けている。
 二つ目は、ワシントン条約の精神に反するとの批判だ。商業捕鯨で捕獲する3種類のクジラ(ミンク、イワシ、ニタリ)はいずれも、同条約で「絶滅の恐れがある」として、国際的な売買を禁ずるリストに記載されている。

 商業捕鯨調査捕鯨の海域19.7.2
 (商業捕鯨&調査捕鯨の海域。朝日新聞7/2付)

 さらに、「商業」として果たして成り立つのか。「食文化」といっても国内の鯨肉消費量はピーク時から激減しているという。
政府は、漁場探査や解体技術の支援に今年度19億円を投じる。しかし、補助金頼みが続くようでは、自立した産業とはいいがたい。捕鯨基地がある下関市は安倍首相の地盤で、和歌山県太地町は二階自民幹事長の選挙区だ。
いい加減に見切りをつけるべき時期ではないか。
 
 捕鯨を巡る動き19.7.2水産庁資料より
 (捕鯨を巡る動き。19.7.2水産庁資料より)

クジラといえば、私が小学校の頃の給食には必ずおかずに並んだものだ。大人になってからは、焼酎にこの上ない肴となった。生クジラだけでなく、冷凍クジラは大量の血を含んでいるので、妻も貧血防止もかねてよく食べた。
隣町の東彼杵町は昔からクジラの引き上げ所として有名だ。また、平戸市・生月は江戸時代から捕鯨で有名で、「くじら展示館」が建ててある。

 商業捕鯨の年間捕獲枠19.7.5水産庁資料より
 (商業捕鯨の年間捕獲枠19.7.5。水産庁資料より)

 全くの余談で終わるのもどうかと思うが、ずいぶん以前、原水禁大会に参加した外国人と数人で夕食を囲んだ折、ステーキをご馳走した。とても美味しそうに食べたので、「いかがでしたか」と聞くと「てとも美味しかった!」と絶賛した。そこで、「いま食べたステーキはクジラなんだよ」と種明かししたら、彼は思わず絶句したものだ。(笑)
コンテントヘッダー

金大中夫人(李姫鎬)さんの死去を悼む

 今月10日、金大中元韓国大統領の妻・李姫鎬さんが亡くなった。享年96歳。

   李姫鎬さん

 私は一度だけ大統領ご夫妻に会ったことがある。衆議院議員に当選した2000年の8月、土井たか子党首に随行して初めて青瓦台の門をくぐった。
 金大統領と土井さんは兄妹のように親しかった。話題は6月、南北首脳会談のことだ。日本のマスコミは金正日・朝鮮労働党総書記が「南北統一後の在韓米軍のあり方」に注目した。

  金大中大統領夫婦と

 南北首脳会談で金大中氏は、「あなたは、在韓米軍は撤退せよと強調しているが、それでは南北統一は実現しない」、と問い質した。すると金正日氏は、「それは朝鮮国民向けのプロパガンダだ」、「南北統一後、在韓米軍は平和維持軍として残っていい」と言ったのだ。 
 何とも驚いたものだ。金大中氏は土井党首に言った。「金正日氏について、韓国でも日本と同様に下世話な話題が多い」。だけど彼は、「いろんな情報に通じており、実に聡明な人物だった」と評価したのである。

  金正日

 夕方の懇親会。韓国側は殆ど女性閣僚らで、「民主化運動で獄中10年」の経験者が殆どだったのに驚いた。金大中氏も韓国中央情報部(KCIA)に拉致され、韓国政府から「死刑判決」を受けたのだった。
当時、日本の全国各地で「金大中救出運動」が広がり、佐世保でも「金大中救出ハンガーストライキ」が連日行われた。
私は、その時の新聞記事のコピーと地元「三川内焼き」の特注花瓶を大統領に渡した。

  金大中夫婦93年
  (談笑する金大中・李姫鎬夫婦。1993年)

 金大中氏は10年前に亡くなっている。夫と共に民主化運動を闘った李姫鎬さんのご冥福をお祈りいたします。
(写真:左より今川正美・田英夫・土井たか子・金大中・李姫鎬・清水澄子。私以外はすべての方が他界されている)

コンテントヘッダー

クジラやイルカの軍事利用をただちに止めるべきだ!

 5月、神奈川県鎌倉市の材木座海岸に頭と尾を失ったザトウクジラが打ちあがった、との記事が載っていた。(朝日新聞6/4付)

 ザトウクジラは11月から5月ごろ、出産と子育てのために沖縄や小笠原諸島の近海に来遊する。その後、エサを求めて親子でアリューシャン列島付近に向け北上を始める。4千キロもの道のりだ。
 その道中は、船に衝突したり、定置網に近づいたり、シャチに襲われたり、危険にあふれている。
 動脈硬化症や寄生虫感染症などの疾病でもクジラは死んでいく。

   19.6.4朝日・相次ぐクジラ漂着
  (19.6.4朝日・相次ぐクジラ漂着)

 クジラは世界中に全部で約90種類。「日本の周りにはその半分が生息または回遊するので、様々なクジラが打ち上げられる」という。(田島木綿子・国立科学博物館研究主幹)
クジラやイルカが漂着したとの報告は全国で年300件ほどあるという。

私があえてこのことを書こうと思ったのは、記事中に「軍事用ソナーで深海のクジラが一度に大量に死ぬ」という最新の研究もある、との記載があったからだ。
通称〝ガンさん〟(元朝日新聞編集委員)は全国きっての基地ウォッチャーだ。私の友人でもあり、議員時代に私の勉強会に必ず出席してくれた。

   軍用イルカ。右ヒレに探知用ビーコン
   (軍用イルカ。右ヒレに探知用ビーコン)

彼が、毎月レポートする月刊「軍事研究」に、クジラ死亡の原因について書いていた。「軍事用ソナーの音波がクジラの耳を刺激して、驚いて急浮上し呼吸困難などの潜水病に陥る」というのだ。
また、イルカを調教して爆雷などを装着し、敵の艦艇に接近して爆破するというのだ。冷戦時代に米ソが競って軍事用イルカを育成したが、冷戦終結とともにロシアは止めた。米軍はいまだに続けているようだ。

国際的に捕鯨禁止や動物愛護が提唱される時代、クジラやイルカの軍事利用は直ちにやめるべきだ!

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)